肩関節の屈曲で働く筋肉

[肩関節の屈曲とは]
前腕を後ろに引き上げる、もしくは蹴りだす動きです。

立位、お座りなど 前腕を伸ばした状態から 上体をお下ろす動作に働きます。

ただ、伏せの姿勢などは重力に従った方向の動きになるので
これらの筋にはそれほど負荷はかかりません。
これらの筋が本当に働くのは歩行の際です。

肩甲骨、肘の動きと合わせて 前腕を尾側に送る動きに働きます。

<棘下筋>
(キョクカキン)


起始:棘下窩・肩甲棘
(肩甲骨上 尾側)
終止:上腕骨近位外側
(前肢 肩関節のすぐ下)

作用:肩関節の屈曲、外転

<大円筋>
(ダイエンキン)


起始:肩甲骨後縁
(肩甲骨尾側)
終止:大円筋粗面
(上腕の上部)

作用:肩関節の屈曲・内転

<小円筋>
(ショウエンキン)


起始:肩甲骨後縁遠位
(肩甲骨尾側)
終止:上腕骨近位外側
(肩のすぐ下)

作用:肩関節の屈曲、外転

<広背筋>
(コウハイキン)

起始:胸腰筋膜
(背から腰の背骨際)
終止:上腕骨大円筋粗面
(脇のすぐ下)

作用:肩関節の屈曲  肩甲骨の後引

<三角筋>
(サンカクキン)


起始:肩甲棘他
(肩甲骨 尾側)
終止:上腕骨三角筋粗面
(前肢 肩関節の下 外側)

作用:肩関節の屈曲、外転

肩関節の伸展で働く筋肉

[肩関節の伸展とは]
前足を踏み下ろす、もしくは前に出す筋肉です。

犬は立位時、肩関節を伸展することで上体を支えています。
つまり、これらの筋が働かないと、
犬は上体を起こすことができなくなります。
それくらい重要な部位です。

方の伸展に働く筋肉のほとんどはは
肩甲骨と上腕骨を繋ぐ位置にありますが
ひとつだけ、上腕骨と頭骨を繋ぐ筋があります
これは上腕頭筋といって、頸部の屈曲でも働く筋です。

つまり、この上腕頭筋が縮む時、頭が固定されていれば前腕が動き
腕が固定されていれば頭(頸部)が動く。
ということになります。

骨はどこにも固定はされていないので
実は身体の各所でこのような引っ張り合いは起きているのです

<棘上筋>
(キョクジョウキン)


起始:棘上窩
(肩甲骨上 首側)
終止:上腕骨大結節
(前肢 肩関節のすぐ下)

作用:肩関節の伸展

<上腕二頭筋>
(ジョウワンニトウキン)


起始:肩甲骨関節上結節
(肩関節周辺)
終止:橈骨・尺骨の内側
(肘のすぐ上)

作用:肘関節の屈曲
肩関節の伸展

<肩甲下筋>
(ケンコウカキン)


起始:肩甲下窩
(肩甲骨の裏側)
終止:小結節
(肩関節のすぐ下、内側)

作用:肩関節の伸展
(屈曲の維持)

<上腕頭筋>
(ジョウワントウキン)

起始:頭骨乳突部・頭骨後頭部
(あご近辺・後頭部)
終止:上腕骨近位
(肩のすぐ下)
作用:頚椎の屈曲、側屈
頭部の伸展(後頭部)、側屈  肩関節の伸展、肩甲骨の前引