肩甲骨の挙上に働く筋肉

[肩甲骨の挙上とは]
肩 (前足全体)を引き上げる動きです。

どちらの筋も背中の左右の肩甲骨の隙間で触ることができます。
この筋が硬くなると、前足全体の動きが悪くなってしまうので
しっかりケアしてあげられると安心です。

<僧帽筋>
(ソウボウキン)

起始:頚部正中線・第1~9胸椎 (首から背中にかけての背骨の両脇)
終止:肩甲棘 (肩甲骨上)

作用:肩甲骨の内転、挙上、後引



<菱形筋>
(リョウケイキン)

起始:第2~6胸椎から項靭帯 (首から肩甲骨の間付近まで)
終止: 肩甲軟骨・肩甲骨内側 (肩甲骨の背側)

作用:肩甲骨の挙上、前引、内転

肩甲骨の下降に働く筋肉

[肩甲骨の下降とは]
肩(前足全体)を下へ押し下げる動きです。
肩甲骨 下降 完

この動きは犬が横に寝転んだ状態でしか確認できませんが
実際は通常の歩行の際にも前足を前に出す時に働きます。

ちなみにこの腹キョ筋はイラストの通り範囲の広い筋肉ですので
部位によって挙上以外のうごきにも働きます。

<腹鋸筋>
(フクキョキン)

起始:第1~7肋骨と頸骨   (胸から首にかけて)
終止:肩甲下カ   (肩甲骨の裏)

作用:肩甲骨の前引、後引、下降、外転