股関節の伸展に働く筋肉

[股関節の伸展とは]
後ろ足を後ろへ蹴りだす動きです。
股関節 伸展 完
股関節の進展は、脚踏み下ろす動きです。
この動きは歩行の際、推進力をうみだすのにも使われますが
老犬になってくると、この部位の筋が弱ってくることとによって
立っている姿勢を維持できず、お尻がフラフラ揺れてしまったり
バランスを崩すと転んでしまったりしがちです。
つまり、お尻の筋は、どちらかというと、立位の姿勢維持や、立ち上がりの際に働く筋であるといえます。
若い頃はお尻が大きくてプリプリしてたのに
気づいたらお尻が随分小さくなっちゃった。というワンちゃんは要注意です。
立てているうちに筋トレをはじめたいところです。

<半腱様筋>(ハンケンヨウキン)

起始:坐骨結節後部
(でん部下側)

終止: 脛骨前面~内側面
(スネの上部から内側)

作用:股関節の伸展 膝関節の屈曲および伸展

<半膜様筋>(ハンマクヨウキン)

起始:坐骨結節腹側
(股間)

終止: 大腿骨内側カ
(膝のすぐ上内側)

作用:股関節の伸展・内転

<薄筋>(ハッキン)

起始:骨盤結合部
(股間)

終止: 下腿筋膜・脛骨陵
(膝の下)

作用:膝関節の伸展
股関節の伸展、内転

<浅殿筋>(センデンキン)

起始:仙骨・腸骨
(でん部中心付近)

終止:大腿骨大転子
(太ももの付け根外側)

作用:股関節の伸展・外転

<中殿筋>(チュウデンキン)

起始:腸骨の殿筋面
(でん部外より深層)

終止:大腿骨大転子
(太もも付け根の外側)

作用:股関節の伸展・外転

股関節の屈曲に働く筋肉

[股関節の屈曲とは]
後ろ足を前に引き上げる動きです。

股関節の屈曲の動きは、立っている状態から腰を下ろして行く際の動きですが
実際にこの部位の筋肉が働くのは、歩行時に脚を前に引き出す際です。
後ろ足が弱ってしまった子の多くは、この部位が極端に弱ってしまっています。
脚を引き出す動きがスムーズにいかず
つま先を引きずったり、外から回し込む様にねじって動かしたり
はたまた、脚の筋が使えない代わりに、
腰を振って脚を振り出したりしてしまいます。

本当に筋が弱り切ってしまえば、その様な代替的な使い方も仕方が無いことですが
まだ筋が残っているならぜひトレーニングして
きちんと使えるようになりたいもにです。

<大腿直筋>(ダイタイチョッキン)

起始:腸骨体
(骨盤)

終止: 脛骨粗面
(膝のすぐ下)

作用:股関節の屈曲
膝関節の伸展

<大腿筋膜張筋>
(ダイタイキンマクチョウキン)

起始:寛結節
(腰骨)

終止:大腿筋膜
(太もも外側)

作用:股関節の屈曲・膝関節の伸展

<縫工筋>(ホウコウキン)

起始:腸骨腹側
(腰骨内側)

終止: 大腿骨内側・脛骨前面
(膝のすぐ上内側と膝の下)

作用:股関節の屈曲(前部)、内転
膝関節の伸展(後部)

<腸骨筋>(チョウコツキン)

起始:腸骨翼
(骨盤内側)

終止: 大腿骨小転子
(足の付け根内側)

作用:股関節の屈曲・外旋
骨盤の前屈

<大腰筋>(ダイヨウキン)

起始:最後胸椎・腰椎
(腰部背骨のきわ)

終止: 大腿骨小転子
(膝のすぐ上外側)

作用:股関節の屈曲・外旋
腰椎の固定